読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいお家を建てよう!

普通の人が楽しいお家を建てようと思い立った! その記録と顛末記になる予定

【家づくり申し込みをしたよ】具体的なおうち作りの第一歩



家づくりメーカーとの出会い

展示場のモデルハウス巡りもひと段落、未だこれというメーカーはなく 建築家の線も探すかと地元の建築家を検索してHPを見て回っている時見つけたこの会社。 そう大きな会社では無いけれど、リフォーム系をメインにしていて、ここ数年新築事業も始めたらしい。

 梁などの構造材を見せ、塗り壁や無垢材を多用したナチュラル系のデザインに惹かれ、HPを隅々まで読んだ。

 

大きなお金をかけるに値するかどうか結局は人だと思う

 ホームページにはどこも大抵良いことばかり書くのであまり参考にはしないものの、新築営業担当の社長がブログを書いており、きっちり顔出しであれやこれやと書いているのが印象が良かった(新築案件は全部社長が営業窓口らしい)

 

 そこで建築した人のブログも50ページくらい読み、終わった頃には、結構ここに惹かれていて、妻とモデルハウスを見に行こうと相談。モデルハウス見学を申し込んだのが二週間前、先週末にモデルハウス見学、我的にはだいたいそこで決まったが、一旦持ち帰ろうとのことで、今日晴れて最初の契約である「家づくり申し込み」にサインして10万円を支払ってきた。

 

 今まで出会ってきた営業さんを見るに、当たり外れはあるものの、大手メーカーの人は知識や動きがしっかりしている傾向が強いがちょっと予算的に厳しい。あと今回のように実家にいずれ接続する新築に近い増築というのは融通が難しそうだ。 かといって地元工務店系メーカーの人はどちらかといえばざっくりしていて話しやすいが、設計や土地の話はいまひとつ通じないことが多く、先が不安になることもあった。なかなか人の出会いが難しいのだ。

欠点は順番待ち

 年間建築棟数が多いメーカーなら、最初の打ち合わせから2ヶ月後くらいから着工、半年後頃には引渡しまで進むところもあるらしいが、今回お願いしたところは年間6棟の制限を設けているらしく、今申し込んでも具体的打ち合わせは年末からで最終引渡しスケジュールは来年夏頃らしい。顧客満足度を上げる為に制限しているらしいが待ち遠しいなぁ 待っている間に妄想が膨らんで、だんだん要求が多くなりそうです。