読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいお家を建てよう!

普通の人が楽しいお家を建てようと思い立った! その記録と顛末記になる予定

【建築面積】道路斜線はクリアー出来るのか?



  昨日二回目の土地調査をして頂き、懸念であった最大限に大きさを取った時の建築面積が分かった。

道路斜線は大丈夫なのか?

  間口4間、奥行き5間の20坪、総二階建ての場合で延べ床40坪との事、最も心配された棟部分の道路斜線については、ちょうどその辺りが前面道路の隅切りの部分で幅広くなっているので、道路前1メートル余りの位置まで建物がせり出してきてもギリギリでクリアするとの事。

f:id:leon1248:20160306130453j:plain

 

  しかし建物が前面にせり出してくる分、道路との高低差が発生するため、母屋と床高さを合わせた場合、家前面のアプローチで六段、入り口付近で三段程度の階段を作る必要があるらしい。
 
 しかし道路から1メートル余りでそれだけの階段を登るのはストレートなアプローチでは無理なので折り返すか玄関位置を調節して横に長く階段を作る必要が出るとの事。
 
それならいっそうの事、母屋との接続部に三段程度の階段を付け、現土地高に家屋を建ててはどうか?との提案をいただく。

土地高を上げるメリットデメリット

メリット
日当たりが良くなる
母屋との接続がスムーズ
現状の合併浄化槽との高さが合わせやすい
東側の窓の外が段差にならない
シケにくくなって、壁が痛みにくい
 
デメリット
お金がかかる
擁壁高さアップと造成費用等
玄関先の階段が多い
 
この辺を鑑みて相談だろうか。
日当たりを今度の休みの日に確認してみようかな。